わきがに対する理解は徐々に高まっています

美容外科に通って臭いをなくそう

NEW

マイクロ波で除去

わきが治療で多くの人から利用されているのが、マイクロ波を用いたものです。切開せずにアポクリン汗腺をなくしていくので、徐々に汗の分泌がしにくくなってきます。そのため、わきがを克服することが出来るでしょう。

続きを読む

綺麗になる

顔に気に入らない部分があるのなら、自分を変えたいと感じているのなら美容整形を利用して下さい。最近では高校生が親の許可を得て手術を受けに来ることもありますし、いたってメジャーな治療となりつつあります。

続きを読む

専用の病院

話題のフェミークリニックで医療用レーザーを利用し、簡単に脱毛を済ませて綺麗な肌を手に入れて下さい。医療用の脱毛器具ならば手間もかけず肌のトラブルもなく円滑に脱毛を終えることができるようになります。

続きを読む

アンチエイジング

年齢とともに増えるしわ、そしてハリのなくなる肌ですが、最も顔を老けてみせるのはたるみです。このたるみは伸びた皮膚や水分量の減少した表皮が重力に負けて下がっている状態であり、リフトアップで対処することができます。

続きを読む

歴史がある

わきがに関する歴史について

日本人では大体10%前後の人がわきがであると言われていますが、世界的にみるとわきがの人の割合は日本人は少ないです。そんなわきがの歴史を見てみると、世界三大美女と言われている楊貴妃は、わきがであってその臭いが皇帝を魅了したという説があります。日本でも奈良時代の万葉集の中でわきがの事が触れられております。体臭はフェロモンの役割があるという話もありますが、日本人は元々体臭はあまりしない方であり、万葉集の頃から既にわきがである事は嫌われていたようです。 わきが治療に関して古くからある治療法としては切除法と呼ばれる方法があります。この方法は皮膚を切除して臭いの原因であるアポクリン腺という汗腺を取り除きます。ただ、傷跡が目立つなどの問題があるために、現在では他の方法が主流となっています。

身体への負担が少ない治療法が主流になるのでは

わきが治療の方法としては、根本的な解決方法は臭いの原因となるアポクリン腺を取り除く事になります。ただ、アポクリン腺を取り除くとなるとなると、手術で体に負担をかける必要があるという問題がありました。そのために、わきが治療に関しては、軽度である場合は体に負担を掛けない消毒を行う方法やボトックス注射を用いる事によって、一時的な対策を行う方法も取られています。ただ、一時的なものにすぎないために、問題が無ければ手術によって根本的な治療を行った方が悩まされずに済みます。 最近のわきが治療技術は、体にあまり負担を掛けずに高周波などでアポクリン腺を破壊する事も出来るようになっており、身体へあまり負担を掛けずに根本的なわきが治療を行えるようになっています。今後はそうした負担をあまりかけずに済む治療方法が主流となっていくと考えられます。

記事一覧

肌を調える

にきび跡にしみ、そばかすに多汗症、女性にも意外と多いワキガなどの問題はまとめて美容皮膚科へ相談して下さい。ここでは普通の病院ではできないような治療も可能にしてくれます。長年の問題を解消するチャンスです。

続きを読む

おすすめリンク